熊本地震から3年

熊本地震で被災された方々にお見舞いを申し上げますとともに、これまで熊本の復興の為に多くのご支援を賜りましたことに深く感謝申し上げます。

 

 

地震発生から今日まで

 

2016年(平成28年)4月14日(木)21時26分、自宅でテレビを見ていた時でした。普段、小規模な地震は多い熊本なので、最初揺れても、さほど驚きもしませんでしたが、あまりの揺れの大きさに「これは普通じゃない!!」と身の危険を感じたので、「安全な場所へ避難しなきゃ!」と頭では分かっていても、実際にはその場から一歩も動けずに、ただ揺れが収まるのを待っている事しか出来ませんでした。これが1度目の震度7(前震)です。

 

2016年(平成28年)4月16日(土)1時25分、みんなが寝静まっている時間に2度目の震度7(本震)の揺れが熊本を襲いました。まさか震度7の地震が2回も起こるなどと熊本に住んでいる者は、誰一人想像も出来なかったと思います。他にも最大震度が6強の地震が2回、6弱の地震が3回、余震も多く、最初の震度7の揺れを観測した4月14日から4月30日の短い期間で3,000回を超え、現在までに4,000回を超えた、今までに聞いたこともない地震だったと思います。

 

一休本舗本社は、熊本市東区に位置し、震源地だった熊本県益城町は、すぐお隣の町になり、弊社もかなりの被害を受けました。前震の翌日に、簡単に片付けをして、「さぁ、これから頑張っていこう!」と思った矢先の本震。片付けたばかりなのに、またグチャグチャに荒れ、前震の時には持ちこたえた家屋や道も、本震の揺れに破壊され、さながら映画のセットの中にいるようで、今度ばかりは心が折れてしまいました。

 

本震後、まず電気が点くようになり、次に水も通りました。ただガスが復旧するまでには2週間程時間を要し、工場が一部製造を始めれたのもその頃からでした。壁や床、天井等にかなりの被害を受けましたが、骨組みが無事だったことが一休本舗が復活した一番の要因だと思います。

 

その後、「熊本頑張れ! 一休本舗頑張れ!!」と全国からご注文やご支援を賜り、熊本地震より3年、これからも復興の先にある、さらなる成長に向かって一休本舗は、美味しいお菓子を作り続けていくことが、一休本舗に出来る最大の恩返しだと考えております。

 

 

 

 

熊本城への想い

 

熊本城復興応援お城最中熊本県を代表する観光地、シンボルと言っても過言でない熊本城。熊本県民の誇り、心の支えでもある熊本城が熊本地震により大きな被害を受けました。

 

弊社では、「熊本お城最中」を地震前より販売をしておりましたが、震災後、熊本城の為に、一休本舗では何が出来るかを考え、この最中の売上金の一部を熊本城の復興に役立てていただこうと寄付をすることに致しました。(現在では終了しております。)

 

全国から多くのご賛同をいただき、ご注文をいただいたり、販売のご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。深く感謝申し上げます。

 

 

 

 

震災直後の画像

 

震災直後(事務所) 震災直後(営業企画室) 震災直後(製造工場) 震災直後(水前寺店)
事務所 営業企画室 製造工場 水前寺店

 

 

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 096-368-3071

受付時間:
9:00~18:00

FAX 096-367-1490

受付時間
24時間受付